カンボジアへの送り出しで重要なこと

カンボジアは多くの日本企業が進出している人気の国ですが、なぜそれほどまでに人気を集めているのかというと、安い労働賃金にも関わらず、高い労働力を誇っているからで中でも製造業において注目を集める国となっています。

カンボジアの送り出しについて悩んでいませんか。

また製造業だけではなく、近年では大手ショッピングモールも店舗を出店させるなどサービス業での送り出しも盛んに行われています。
ところが、近年は多くの日本企業がカンボジアへの人材を送り出していることもあり人件費が一気に高騰、さらには工場の労働紛争も相まって、新規参入を考えている企業にとってはより一層の準備と戦略が必要とされています。



中でも現地スタッフの採用には慎重な準備が必要で、例えば求人広告の作成にあたっても現地の言葉による明確な職業の説明と、必要とされるスキルや経験の記載が要求されます。


また、採用後の契約書にはカンボジアの法律の沿った内容を記載する必要があるため、カンボジアの法律に詳しい人材が必要不可欠です。



また採用後には定着率を高める環境作りが欠かせませんが、それにも国民性や習慣、法律に合った整備が必要となりますので、日本でのやり方がそのまま通用するとは限りません。
このようにカンボジアへ人材の送り出しを考えている日本企業は、国に詳しい専門家の意見を参考にする必要があり、適切な準備をしてからでなければ送り出しをする事は難しいです。送り出しをする際には、まずは国に詳しい専門家に相談してから行うようにしてください。