カンボジア技能実習生の送り出し機関の選び方

最近ひそかに増えつつあるのが海外から技能実習生を受け入れることです。

カンボジアの送り出しについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

というのも、技能実習生は海外から技術習得の意欲が豊富でモチベーションが高い人材ということで社内の停滞しがちな雰囲気を変えてくれたり、海外進出の足掛かりとして考えることが出来たりとメリットが多いからです。そして、技能実習生の送り出し元としてひそかに人気が出ている国があります。



それは、カンボジアです。

カンボジアからの技能実習生は同じ仏教国という事で和を重んじる文化があり、精神面で馴染みやすいのが特徴となっています。
また、カンボジアは長い内戦が終わり今も復興中なのですが、復興には日本からの経済面、技術面での支援があり、日本対して良いイメージを持っている方が多いのも良い点だと言えるでしょう。ただ、技能実習生の受け入れには不安点もあります。
それは、技能実習生を探すルートについてです。

技能実習生は基本的には送り出し機関を通じて受け入れを行うのですが、送り出し機関は数多くあります。
では、どんな点を基準にして送り出し機関を選べば良いのでしょうか。

その最大のチェックポイントは、日本語教育の体制がしっかりしているかどうかとなります。
通常、日本での指導は日本語で行われるので、どれだけ日本語を理解できるかというのはかなり重要な点です。

機関の担当者がどれだけ日本語を理解し、教育の重要性も理解しているかチェックすると良いでしょう。
また、日本国内に事務所を持ち、駐在員が配置されているかどうかも大きなポイントです。



これは、国内に駐在員が常駐しているのといないのでトラブル発生時の対処スピードが全く変わってくるからと言えます。